専用サーバー性能

リードメール専用サーバーについて
リードメールサーバーは場合によっては一時間のうちに何万通というメールを配信し、配信と同数のアクセスを受けるという過酷な環境に耐えなければなりません。共用サーバーにおいてはそれだけの急激な負荷を禁じている場合がほとんどです。下記はあるリードメールサーバーのアクセス状況です。
トラフィック環境

上記のグラフから配信時のトラフィックが異常に高くなります。
CPU使用率

CPUの使用率も配信時にはほぼ90%以上になります。
弊社リードメール専用サーバースペックについて
弊社では上記のような一時的に過大なアクセスにも耐えうる専用サーバーを下記の通りご用意いたしました。
OS CentOS Linux
CPU Pentium 2.8以上
ハードディスク 80GB SATA HDD
メモリ 512Mb
コントロールパネル WEBMIN
サーバー設置 国内設置
メールアドレス 無制限
バックアップ SSH経由にて自動バックアップ
通常のサーバー管理はWEBMINを使用致します。また、ハードディスクには十分余裕がございますのでリードメールサイトを運営しながら、それ以外のサイトを別ドメインにて運用することも可能です。




サイト名: がんばれ!現金十字軍!!   http://juji.cc
この記事のURL:   http://juji.cc/modules/tinyd0/index.php?id=3